地方自治体のユーチューブ動画、山口市もがんばってます!

インターネット動画共有サービスのYouTube。
子供たちが将来なりたい職業トップテン10にも常にユーチューバーがランクインしています。
昨今では地方自治体でも、ユーチューブで映像による観光客の誘致などのマーケティング活動を行っています。

東北観光推進機構と東北6県が制作したご当地PR動画「東北の秋」は、再生数が2700万回を超える素晴らしい動画で、美しい東北の秋の魅力をあますところなく伝えています。
宮崎県日向市の動画は、ひとりの青年の成長物語が日向の海の美しさを背景に描かれており、サーファーの心をくすぐるショートムービーです。
同じ宮崎県でも小林市の「ンダモシタン小林」は、フランス語チックな方言をうまく活かしたハイセンスなプロモーション動画です。
福岡県北九州市と山口県下関市の合作「COME ON!関門!」は、映画「シン・ゴジラ」のスタッフが手掛け、そのクオリティの高さが話題になりました。

ビジネスホテル喜良久がある山口市。
「やまぐちゃんねる」ということで、山口市がたくさんの動画をアップしています。
山口市民に向けた広報動画が中心となっていますが、国内外に向けた観光PR動画や、過去には五輪メダリストの石川佳純さんが山口市の文化を紹介した動画も作られています。
百聞は一見に如かずといいますが、手っ取り早く山口市を知るのに映像はうってつけ。
再生数はいまひとつで、良くいえば伸びしろが大きい「やまぐちゃんねる」ですが、地方色にあふれた山口市の動画、ちょっとのぞいてみませんか。

・「東北の秋」

・宮崎県日向市PR動画「Net surfer becomes Real surfer」

・宮崎県小林市 移住促進PRムービー “ンダモシタン小林”

・関門海峡PRムービー「 COME ON!関門!」

・【山口市公式YouTubeチャンネル】やまぐちゃんねる:ホーム
https://www.youtube.com/channel/UCg66ekugYGHwHsiIDfNDPYA/videos

喜良久自慢の「美肌の湯」で幸せホルモン健康法!お肌も心もピッカピカ

9月に入り、秋に向かって季節が動き始めました。
酷暑を乗り越えた心身には、疲れが残っているかもしれません。
そんなときにおすすめなのが、温泉での「幸せホルモン」分泌健康法です。

「幸せホルモン」とよばれる神経伝達物質は4種類あり、それぞれに大切な役割があります。
ドーパミンは、やる気をうながし、気分を前向きにしてくれます。
エンドルフィンは、「脳内モルヒネ」ともいわれ、幸せ感を高めてくれます。
セロトニンは、精神状態を安定させ、記憶力維持や良い睡眠に必要です。
オキシトシンは、ストレス軽減効果があり、「愛情ホルモン」ともいわれています。

健康なはずなのにどこかスッキリしないという時や、なんとなくやる気がしないという場合、もしかしたらホルモンバランスに乱れがあるのかもしれません。ストレスが多い生活で、ホルモンの分泌が低下していることもあります。

リラクゼーション効果の高い温泉入浴では、4種類のうち、心を穏やかにし落ち込み気分を改善してくれる「セロトニン」と、ストレスを緩和し多幸感をもたらしてくれる「オキシトシン」が多く分泌されるそうです。
この二つのホルモンが分泌されることにより、残りの「ドーパミン」「エンドルフィン」も、良いタイミングで分泌されやすくなるとか。

湯田温泉のビジネスホテル喜良久の温泉大浴場「美肌の湯」は、幸せホルモンの分泌に加えて、お肌ツルツルの美肌効果も期待できます。
この夏がんばった体を、温泉入浴「幸せホルモン」分泌健康法でたっぷり癒してあげましょう。

日本の子供たち、夏休みの宿題の追い込みがんばって!

夏休みも後半戦。
一部のお子さんたちにとっては、宿題や課題の追い込みの頃でしょうか。

「なんでせっかくの夏休みに宿題なんか出すんだろ」と思うお子さんもおられるかもしれません。
実際、世界には夏休みに宿題のない国がたくさんあるようで、欧米、北欧、東南アジア諸国の学校の多くが、夏休みはリフレッシュ期間として宿題を出さないそうです。夏休み期間が2か月以上ある国もあります。

宿題のない国々では、激しい受験競争がなく、部活や補習がないなど、教育の考え方が日本とは異なっています。また、新学期が9月からなど教育の制度が違うことも影響しています。欧米では大人にも夏休みがあり、家族で過ごす時間を大切にしているということも、夏休みに宿題がない要因のひとつかもしれません。
日本と海外、どちらが良いとはいえませんが、ちょっとうらやましいような気もします。

最近は、子供のやる気を育てる「しゅくだいやる気ペン」など、親子で楽しめるさまざまな学習グッズがありますが、スマホアプリにも夏休みの宿題に役立つものがあるようです。
宿題の進捗状況を管理するアプリや、数式にカメラをかざすと解き方と解答を示してくれるアプリ、読書感想文サポートアプリなどをうまく使えば、お子さんの学習意欲が高まりそうですね。
子供たちには楽しくて有意義で、そして大人になって振り返った時に大切な思い出がたくさんある、そんな夏休みを過ごしてほしいものです。
この時代を生きる子供たちが、いつも笑顔でいられますように。

上手に使って、楽しく観光!トクトク、お得なサービス特典!

ビジネスホテル喜良久をはじめとして湯田温泉の宿泊施設にご宿泊いただくお客様限定の、「手ぶら観光サービス」をご存知でしょうか。

新山口駅に到着後、9:00~14:00の間に「新山口駅観光交流センター」にお荷物をお預けいただくと、夕方16時頃にはご宿泊のお宿に無料でお荷物が届きます。到着したお荷物は、チェックインまではお宿のフロントでお預かりいたします。
旅行バックなど重い荷物を持ち運んだりコインロッカーに預けることもなく、手ぶらのような感覚で、新山口駅からその足で観光にお出かけいただける大変便利なサービスです。

特典付デジタルチケットが購入できるWebアプリ「ぶらやま」では、観光に便利でお得なデジタルチケットを販売しております。
新山口駅から湯田温泉へのバス乗車券や、湯田温泉観光回遊拠点施設「狐の足あと」の足湯利用チケット、「中原中也記念館」の入館チケットなど、それぞれに割引きなどの特典がついているので「ぶらやま」から購入されたほうがお得です。
また、山口市内の移動に便利な電動バイクのレンタルも「ぶらやま」なら割引き特典があります。

「ぶらやま」で購入できる「ゆけむり手形」は税込200円ですが、山口市内の飲食店や温泉・観光施設など約110店舗でご利用いただけ、デザートのサービスや施設利用料金の割引きなど、あっという間に元がとれちゃうお得な特典サービスが受けられるので、かなりおすすめです。

「ぶらやま」では山口市だけでなく、萩市、長門市、宇部市、美祢市で使えるデジタルチケットも販売されています。
まずは各地域のお得なサービスを調べてから、上手にお得にご利用くださいませ。
ビジネスホテル喜良久でも「ぶらやま」ご利用のご案内を承りますので、お気軽にフロントまでお声がけくださいませ。

やまぐちMaaS用Webアプリ「ぷらやま」https://maas-y.com/

 

秋吉台を疾走!セグウェイ・トゥクトゥクで感じる、3億5千年前の風

ビジネスホテル喜良久のある山口市に隣接する美祢市には、日本最大級のカルスト台地がひろがる秋吉台があります。
秋吉台は、特別天然記念物に指定されており、山口県を代表する観光スポットです。
3億5千年前に、海底のサンゴ礁が海洋プレートに乗って海の中を移動する間に厚く大きな石灰岩に変化し、大陸プレートとぶつかったことで地表へと押し上げられ、日本列島の形成とともに今の秋吉台の位置に落ち着きました。その石灰岩台地は、雨や地下水によって少しずつ溶食されていき、やがて溶け残った石灰岩の白い岩肌が地表に突き出し、今の秋吉台の景色となりました。

まぶしい夏の青空の下、広大な秋吉台には爽やかな風が吹きわたります。
秋吉台を巡るには、セグウェイがおすすめです。通常は1日2回、セグウェイツアーが実施されています。事前教習したうえでツアーに臨むので、初めての方でも安心です。
また、今年からタイの乗り物のトゥクトゥクのレンタルも始まりました(要普通運転免許)。風通しの良いトゥクトゥクは、夏のカルストロードドライブに最適です。こちらも事前教習のうえで路上運転となります。
真夏の秋吉台を駆け抜けて、3億5千年前の風を感じてくださいね。

※それぞれの乗り物には事前申し込みが必要で、条件や注意事項があります。また、状況に応じて営業に変更が生じる場合もあります。事前にご確認のうえご利用くださいませ。

セグウェイツアー詳細:
https://karusuto.com/jitabi/segwaytour-in-akiyoshidai2020/
トゥクトゥクレンタル詳細:
https://karusuto.com/notice/akiyoshidai-tuktuk-minetuk/

子供から大人まで楽しめる、おすすめしたい山口のお出かけスポット!

ここ数年はコロナの影響で山口県内の施設も開館時間が短縮されたり、休館していたりという状況でした。
この夏もまだまだ予断を許さない状況ですが、ワクチン接種が進んだこともあり、感染防止対策を徹底した上で以前のように運営する施設も増えてきました。
山口県内の博物館や科学館、歴史館など、夏休みのお出かけ先にいかがでしょうか。屋内なので、雨の日にもおすすめです。

ビジネスホテル喜良久のある山口市には、「山口県立博物館」があります。地方博物館として特色のある活動をしており、現在は期間限定で県内の動物園・水族館との連携割引制度が実施されています。
美祢市の「秋吉台エコ・ミュージアム」ではカルスト台地秋吉台を、わかりやすく紹介しています。美祢市美東の「長登銅山文化交流館」は、日本最古の銅山で、奈良の大仏鋳造の際に銅を献上した長登銅山の歴史を学ぶことができます。
下関市の「土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム」は、国内でも珍しい人類学専門の博物館です。下関市には水族館の「海響館」や、弥生・古墳時代のことを学べる「下関市立考古博物館」などもあります。
防府市の「毛利博物館」では、毛利家伝来の貴重な美術工芸品を公開しています。また「防府市青少年科学館 ソラール」は、体験型科学館として「科学をやさしく、ふかく、たのしく」をテーマに、気軽に科学を学べます。
ちょっと変わったところでは、萩市の「吉田松陰歴史館」。70体以上のリアルな等身大の蝋人形で、吉田松陰の生涯の様々な場面を再現しています。

他にもご紹介しきれなかった施設がたくさんありますが、各施設とも状況に応じて予約が必要となる場合や、入場制限が発生する場合があります。事前にご確認のうえ、お出かけくださいませ。

夜景大国日本、山口の夜を彩る日本夜景遺産にお出かけください

真夏のような日もある山口ですが、日が暮れてくると風が心地よく吹きわたります。さぁ、夜景を見に出かけませんか。

人工衛星から見ると、夜の光で国の形がくっきりと浮かび上がるのは、世界で唯一日本だけとか。そんな光の国、日本。
最近では自治体の取り組みもあって、夜景は夜の観光コンテンツとして重要な役割を果たすようになりました。

日本夜景遺産事務局が「芸術的価値を抱く夜景であること」「文化的に大きな影響を及ぼしていること」などの厳しい基準の下で選定した全国261か所(2021年11月時点)の夜景遺産の中には、山口県内の夜景の名勝も含まれています。

山陽小野田市の竜王山の山頂展望台からは、360度の眺望が可能で、遠くに輝く九州のともし火と目前の工場地帯の明かりの織り成すコントラストが楽しめます。

下関市では、瀬戸内海国立公園内の火の山と、関門海峡と関門橋、海峡ゆめタワーの夜景が選定されました。特に海峡ゆめタワー展望室からの絶景は夕暮れとともに昼とは違う趣となり、宝石を散りばめたような美しい夜景を360度の雄大なパノラマで楽しむことができます。

周南市の晴海親水公園では、背景に広がるコンビナートの明かりが連なる工場夜景が楽しめます
年に一度開催され歴史を重ねてきた周南市冬期イルミネーションイベントも、冬の風物詩として日本夜景遺産となりました。

岩国市の錦川にかかる名橋、錦帯橋は木組アーチ構造の橋としては世界最長です。夜間は季節限定でライトアップされます。世界中のどこにも例がない五連の美しいアーチが城山を背景に闇夜に浮かび上がる様には、これぞ幽玄の美と感動せずにはいられません。

ビジネスホテル喜良久のある山口市でも「山口七夕ちょうちんまつり」が日本夜景遺産として選定されています。
毎年8月6日、7日に市内各地で紅ちょうちんが灯される伝統的な夜祭りですが、数万個の紅ちょうちんが放つ幻想的な光に彩られた夜景を見ていると、いつのまにか異世界に迷い込んだような心持ちになってきます。室町時代の盆送りを始まりとして現代まで受け継がれてきたこの景色は、まさに日本の夜景遺産といえます。

夜景がいざなう山口の夜。ひととき日々の喧騒を忘れ、光煌めく景色をお楽しみください。

湯田温泉においでませ。温泉入浴で梅雨のもやもやをふきとばしましょう!

梅雨の時期は気圧が低くなることが多く自律神経が乱れがちですが、このように気候や天気の影響で体に不調が発生する症状を「気象病」というそうです。
頭痛、めまいや関節痛に加え、疲労感、うつなど、気象を原因として身体ばかりでなく精神にも様々な症状が発生するそうです。
特に季節の変わり目や台風の襲来、そして梅雨時などには、気象病と思われる体調不良を訴える人が多くなるといわれています

低い気圧によって過剰に刺激された交感神経が興奮すると痛みをより強く感じるそうですが、実際に気圧の低い環境にいると頭痛が悪化する、などの実験結果も報告されています。

交感神経の興奮を抑えるにはリラックスすることが一番ですが、それには入浴が良いといわれています。
特に温泉では、よりリラックス効果が期待できることも実験結果で証明されています。

ということで、おすすめはもちろん湯田温泉。
湯田温泉はアルカリ性の単純温泉で肌によく馴染むやわらかい湯です。 匂いやピリピリ感などの温泉独特の癖が少ないので、のんびりと長湯しやすいのが特徴です。

湯田温泉のビジネスホテル喜良久の温泉大浴場「美肌の湯」は、清掃時間を除き終日ご利用いただけます。
交感神経が興奮して優位にあるときは、血流も滞りがちです。血流の滞りはむくみや冷え、肌荒れなどの原因にもなります。
ビジネスホテル喜良久自慢の「美肌の湯」で、心と体とお肌の調子を整えましょう。
充実のアメニティもご用意しておりますので、ぜひご利用くださいませ。

ゆっくり温泉に浸かった後は、しっかり睡眠。
温泉効果を上手に使いながら自律神経の調子を整えて、日々を元気に過ごしましょう!

実は甘党の山口県民がおすすめする美味しい銘菓

毎月発刊の地元のタウン情報誌「トライアングル」には、山口県のグルメ情報・観光情報など様々な情報が載っており、観光客の方々の旅行ガイド本として一役買っています。
そのトライアングルの4月号に、山口県は「チョコレート消費量・チョコレート菓子消費額」日本一という記事が載っていました。

そこでビジネスホテル喜良久のある山口市のことを調べてみました

2018年の1世帯当たりのチョコレートへの支出額が全国平均の5倍の29,026円ということで、なんと山口市は日本一の称号を獲得していました。残念ながらその翌年には11位でしたが2020年は4位に浮上するなど、山口県の中でも特に山口市民はチョコレートが好きな人が多いようです。

「獺祭」「東洋美人」などの名酒で知られる山口県なので、辛党派が多いイメージもありますが、チョコレート消費量が多いというデータが示しているように、実は山口県民は甘いものが好きで、お砂糖の消費量も毎年全国ランキングの上位に入っています。

そんな山口県には銘菓が多く、いくつかご紹介します。
まずは「銘菓舌鼓」。白あんを求肥で包んだ上品な和菓子です。当初は「舌鼓」とよばれていましたが、時の内閣総理大臣の寺内正毅が「このようなおいしい菓子であれば【銘菓舌鼓】と改称した方がよかろう」と絶賛したことで改名したそうです。

航空会社の機内食に採用された「月でひろった卵」は、ふわふわのカステラ生地でとろりとしたクリームを包みこんだお菓子で、山口県産の牛乳とたまごで作られており、幅広い年代から親しまれているお菓子です。

そして、山口銘菓のラスボスともいえる山口の「外郎」。
全国的には名古屋の外郎が有名ですが、山口の外郎は名古屋のものとは食感がまったく違います。名古屋のういろうは米粉、山口の外郎はわらび粉が主原料なので、名前は同じでも味も触感もことなったものとなっています。毛利の殿様が愛した上品な味は、山口市で生まれ育った詩人の中原中也も好んだとか。

ほかにもまだまだたくさんの銘菓がありますので、ぜひ一度お召し上がりくださいませ。
地元の人々が愛し親しんできた山口銘菓。間違いなくおすすめです。

姫君を喜ばせた雅な輝き、一の坂川のほたるの乱舞

自然が豊かな山口県。初夏の訪れとともにほたるが姿を見せはじめます。
山口県内ではあちらこちらのせせらぎで、ほたるの舞う姿を見ることができますが、ビジネスホテル喜良久のある山口市では、一の坂川がほたる観賞のスポットとして知られています。

山口を流れる一の坂川は、水の流れが穏やかな規模の小さい川ですが、川岸には四季折々に花が咲き乱れる風情のある川です。
時の周防・長門の守護の大内弘世は、この一の坂川を京の鴨川にみたてました。
京を訪れた際に高い文化や情緒にふれて感銘を受けた弘世は、京都の地形によく似た盆地のある山口に政庁を移し、京に似せた街づくりを行いました。街の名前も京風に変え、山口が西の京と呼ばれるまでに発展する基盤を築きました。

弘世は京から公家の姫君を妻に迎えましたが、姫君は都を恋しがってやみません。そのため宇治からゲンジボタルを取り寄せて一の坂川に放し、妻の心を慰めました。その時に放したほたるが住みつき、今に伝わるといわれています。

一の坂川は市街地にあり、すぐそばの道を多くの人や車が行きかうなど、この時代の中でほたるが育つには恵まれた環境とは言えません。
ですが、ボランティアの方々の尽力によって、一の坂川のほたるは毎年変わらぬ輝きで人々を楽しませてくれています。今では国の天然記念物に指定され、初夏の風物詩となっています。

一の坂川界隈では、例年「ほたる観賞Week!」と題してほたる祭りが実施され、期間中は様々なイベントが開催されます。
今年は5月28日から6月3日までとなりますが、5月27日と28日は、湯田温泉ご宿泊のお客様限定でナイト観光バスをご案内しております。詳細はフロントまでお尋ねくださいませ。
南北朝時代から今に伝わる雅な光を、どうぞ心ゆくまでご鑑賞ください。

一の坂川「ほたる観賞Week!」情報
https://yamaguchi-city.jp/event/a_area/1386.html