姫君を喜ばせた雅な輝き、一の坂川のほたるの乱舞

自然が豊かな山口県。初夏の訪れとともにほたるが姿を見せはじめます。
山口県内ではあちらこちらのせせらぎで、ほたるの舞う姿を見ることができますが、ビジネスホテル喜良久のある山口市では、一の坂川がほたる観賞のスポットとして知られています。

山口を流れる一の坂川は、水の流れが穏やかな規模の小さい川ですが、川岸には四季折々に花が咲き乱れる風情のある川です。
時の周防・長門の守護の大内弘世は、この一の坂川を京の鴨川にみたてました。
京を訪れた際に高い文化や情緒にふれて感銘を受けた弘世は、京都の地形によく似た盆地のある山口に政庁を移し、京に似せた街づくりを行いました。街の名前も京風に変え、山口が西の京と呼ばれるまでに発展する基盤を築きました。

弘世は京から公家の姫君を妻に迎えましたが、姫君は都を恋しがってやみません。そのため宇治からゲンジボタルを取り寄せて一の坂川に放し、妻の心を慰めました。その時に放したほたるが住みつき、今に伝わるといわれています。

一の坂川は市街地にあり、すぐそばの道を多くの人や車が行きかうなど、この時代の中でほたるが育つには恵まれた環境とは言えません。
ですが、ボランティアの方々の尽力によって、一の坂川のほたるは毎年変わらぬ輝きで人々を楽しませてくれています。今では国の天然記念物に指定され、初夏の風物詩となっています。

一の坂川界隈では、例年「ほたる観賞Week!」と題してほたる祭りが実施され、期間中は様々なイベントが開催されます。
今年は5月28日から6月3日までとなりますが、5月27日と28日は、湯田温泉ご宿泊のお客様限定でナイト観光バスをご案内しております。詳細はフロントまでお尋ねくださいませ。
南北朝時代から今に伝わる雅な光を、どうぞ心ゆくまでご鑑賞ください。

一の坂川「ほたる観賞Week!」情報
https://yamaguchi-city.jp/event/a_area/1386.html

パワースポット湯田温泉!入泉と飲泉の合わせ技でストレス回復&運気アップ!

新年度となった今月は、何かとあわただしく過ごされていた方も多いのではないでしょうか
季節の変わり目でもあり、知らぬ間に心と体に疲れが溜まっているかもしれません。
なんだかダルい、スッキリしない、そんな時には温泉入浴で疲れを癒すのもおすすめですが、相乗効果を狙って温泉の湯を飲む「飲泉」はいかがでしょうか。漫画「テルマエ・ロマエ」にも、飲泉の話がでてきます。
この漫画は、浴場文化華やかなりし時代の古代ローマ、浴場設計技師のルシウスがタイムスリップして現代日本の風呂文化から受けた衝撃を、コミカルに描いたものです。
ヤマザキマリの著作で、阿部寛主演で映画化もされました。
とある回では、ルシウスが腐ったどぶろくを飲んだことからショック状態に陥ったのを、温泉の湯を飲ませることによってあっという間に回復させるというシーンが出てきます。
これはあくまでも漫画の話で、こんなに調子よくいくことはないにしても、飲泉には泉質によって胃腸機能低下や便秘、高コレステロール血症、またストレスによる疾患の回復などに効果があると言われています

湯田温泉には、6か所の足湯とともに、2か所の飲泉場があり、どちらもそれぞれ無料となっています。
飲泉は、湯田温泉観光案内所前と湯田温泉ビジネスホテル喜良久のすぐそばの温泉舎(ゆのや)で、お楽しみいただけます。

湯田温泉は、財運を呼び込むという白狐が見つけた温泉ですから、風水のパワーが満ち溢れています。飲泉によって体力回復だけではなく、開運のご利益もいただけるかもしれません。

ビジネスホテル喜良久では湯田温泉のマスコットキャラクター白狐のゆう太とゆう子がデザインされたぐい呑みを販売しておりますので、お買い求めの際にはフロントにお声がけくださいませ。
エネルギー溢れる湯田温泉の湯。このぐい呑みで飲めば白狐パワーで効果も倍増、かも!

「汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン」の聖地、山口県宇部市

湯田温泉ビジネスホテルから車で約40分の工業都市、宇部市。
宇部市は瀬戸内海に面し、温暖で雨の少ない地域です。
かつては石炭産業で、その後セメント産業などで栄えた工業都市ですが、一方で世界で最も歴史のある野外彫刻展「UBEビエンナーレ」を開催するなど、芸術面にも力を入れています。

「新世紀エヴァンゲリオン」の原作・監督の庵野秀明氏は、宇部市の出身です。
地元の進学校である宇部高校在学中にはすでに短編映画やアニメを制作するなど、校内では才能あふれる天才として有名だったとか。
生まれ育った宇部市は、彼にとってどんな存在なのでしょうか。
2021年3月に封切りされた『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』では、作中の重要なシーンで宇部市の風景が登場していました。
エヴァンゲリオンだけでなく、庵野監督の様々な作品にはどこかしらに「宇部要素」が含まれており、監督の深い地元愛が感じられます。
作品ゆかりのスポットには、「聖地巡礼」として多くの人々が訪れています。

市制施行100周年を迎えた宇部市では「まちじゅうエヴァンゲリオン」と題して、市内各地でエヴァンゲリオンに関連した様々な記念イベントが実施されています。
現在、ときわミュージアムでは「海洋堂 エヴァンゲリオンフィギュアワールド」が開催されています。
また、7月には山口市の山口県立美術館において、「庵野秀明展」が開催予定です。
庵野監督独特の映像表現、その感性はどこで生まれ育ったのか、ぜひその目でお確かめください。

ビジネスホテル喜良久のある湯田温泉から、新山口駅乗り換えのバス利用で約60分程でときわミュージアムに行くことができます。
山口県立美術館へは、タクシーで10分程度です。
レンタカーのご案内もできますので、詳しくはフロントにお尋ねくださいませ。

エヴァンゲリオンの故郷に「来なきゃダメだ!」

まちじゅうエヴァンゲリオン:https://contents-tourism.com/

山頭火の愛した湯田温泉 「たとへ生まれ代わるにしても、私はやっぱり、日本の、山口の、山頭火でありたい。」

JR山陽新幹線の新山口駅南口には「種田山頭火之像」が建てられています。
生涯に8万を超える句を詠んだ俳人「種田山頭火」は、防府市の大地主の家に生まれ、高校を首席で卒業するなど大変優秀な人だったそうです。
その後不運が重なり、妻子を連れて夜逃げ同然でふるさとを後にしました。

出家した山頭火は、1926年44歳の時に句作の旅にたちました。
「分け入っても分け入っても青い山」

「こころ疲れて山が海が美しすぎる」
感性溢れる自由律俳句に、山頭火の繊細さがあらわれています。

1932年、50歳をすぎて山頭火は小郡(現・山口市)に「其中庵(ごちゅうあん)」という草庵を編みました。
其中庵から湯田温泉までは約12キロありますが、山頭火は湯田温泉がお気に入りで、せっせと通っていたそうです。

1938年56歳の時には湯田温泉に部屋を借り「風来居」と名付けました。
「温泉といふものは有難いものである、私は入浴好きだが、温泉にはいると、身心が一新されたやうに感じる。湯田温泉を近くに持つてゐる私は幸福である。」

酒で身を持ち崩し、自分のことを「無能無才」と嘲ずにはいられない山頭火でした。
「どうしようもないわたしが歩いている」

「まっすぐな道でさみしい」
「うしろすがたのしぐれてゆくか」
そんな山頭火にとって湯田温泉は、体と心を癒す安らぎの場所だったようです。
「ま昼ひろくて私ひとりにあふれる湯」
「あかるくあつくあふれる湯にひたりおもひで」
「朝湯こんこん音たててあふるるよ」

山頭火の愛した湯田温泉はアルカリ性単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯ですが、ph値が9.14もありクレンジング効果が高いことが特徴です。湯田温泉に足しげく通っていたという山頭火は、実はお肌ツルツルだったかもしれません。

ホテル喜良久の温泉大浴場「美肌の湯」で、山頭火の愛した湯田温泉をお楽しみくださいませ。

木草弥生い茂る(きくさいや おいしげる)弥生3月

3月に入り、ホテル喜良久のある山口市でも、吹く風の中にぬくもりが感じられる今日この頃です。

旧暦では各月それぞれに「皐月」「如月」など、 行事や季節感に合わせてつけられた 和風月名という呼び名がありますが、3月は「弥生」。
「弥生」は木草弥生い茂るという言葉が短く詰まったことが由来とか。

童謡さくらさくらで「さくら、さくら、弥生の空はー」と唄われ、「弥生」には桜のイメージがあるかもしれません。
実は旧暦で定められた和風月名の季節感は、現代の暦とひと月程度ずれがあります。弥生は現代の4月に当てはまる和風月名なのです。

明治時代、1年が354日で不便の多い旧暦から1年365日の新暦に変更されました。その際、季節感がひと月ずれることに構わずに、年中行事の日付はそのままとされました。
旧暦3月3日は新暦の4月、旧暦5月5日は6月にあたります。

 桃の花の開花時期は例年3月半ばを過ぎてからなので、現代のひな祭りは正確には桃の節句とはいえないのかもしれません

全国各地には、いまだに旧暦で行事が行われるところがあります。
6月に鯉のぼりが泳ぐ地域があれば、8月に七夕まつりを行う地域もあります。
山口県萩市では、「萩城下の古き雛たち」が開催中ですが、萩ではひな祭りを旧暦で祝う風習があるため、展示は毎年4月3日まで行われます。
代々受け継がれてきた気品あふれるお雛様。
桃の花の香りが漂うこの時節に飾られて、お雛様も嬉しそうです。

「萩城下の古き雛たち」
https://www.hagishi.com/hina/

水どころ山口の名水。美味しい水は歴史とともに

環境省の前身、環境庁では日本全国の清澄な水の紹介と保護などを目的に、昭和60年に全国各地100か所の湧水や河川を「名水百選」として選定しました。
山口県からは、美祢市の別府弁天池湧水、岩国市の桜井戸、寂地川の3か所が選ばれました。
「別府弁天池湧水」は、透き通ったブルーが神秘的で美しい湧水池です。良質でまろやかな水質の「桜井戸」は、初代岩国藩主吉川広家をはじめ多くの茶人に愛されてきました。
「寂地川」は錦川の支流宇佐川の最上流で、飲料用に加えわさび栽培にも利用されています。

また、環境省は平成20年に「平成の名水百選」を選定しました。
そちらには萩市の三明戸湧水・阿字雄の滝(大井湧水)、周南市の潮音洞・清流通りが選定されています。

「三明戸湧水」も「阿字雄の滝」も、阿武火山帯の羽賀台を水源としている湧水です。
柱状節理が見事な阿字雄の滝の小庭園は、雪舟の手によるものだとか。毛利公も観瀑の催しを行ったと記録が残っています。
「潮音洞」は、1651年に岩崎想左衛門重友が水不足の窮状を救うため私財をなげうって作った水のトンネルです。
約90メートルもの岩盤をノミとツチだけでくり抜く工事は困難を極めましたが、今でも漢陽寺境内の日本庭園を巡り「清流通り」へと流れ出る水は、荒地を田畑に変えていきました。

ホテル喜良久のある山口市では、かつて「藤の下水」「柳の水」「朧の清水」が山口三名水と呼ばれていました。
水道の発達した現在では利用されることもなくなりましたが、その跡地に建てられた祠などは大切に残されています。
そのほか、山口県内では現在でも地元の人に利用されている湧水がたくさんあります。
美味しい水は、古来より人々の生活を潤してきました。
各地の湧水の背景にある歴史に目を向けながら訪ね歩いてみるのも、面白いかもしれません。

「冬来りなば春遠からじ」、春の足音が聞こえてきました

「冬来たりなば春遠からじ」この言葉は日本古来のことわざのように思えますが、実はイギリスの詩人シェリーの詩が出展です。
If Winter comes, can Spring be far behind ?
不運なつらい時期を耐え忍べば、いずれ幸せな時期が巡ってくるという意味です。
原文には疑問符がついており、「冬来たりなば春遠からじ」は直訳というわけではありませんが、心を奮い立たせる名訳ですね。

湯田温泉・ホテル喜良久のある山口市では寒さの厳しい日々が続いていますがつい先日もホテルの庭先で春の訪れを告げる山菜ふきのとうを収穫しました。立春も過ぎ、少しずつ春は近づいてきています。

さて、山口県美祢市の秋吉台ではまもなく「秋吉台の山焼き」が行われます。
火が放たれると炎の帯が丘を駆け上り、緑の大地を焼き尽くします。
日本最大規模の野焼きといわれるこの秋吉台の山焼きは、冬草を焼いて秋吉台が雑木林になることを防ぎ、美しい草原の姿を維持するために行われています。

今年は2月23日に実施されますが、コロナ禍に配慮してライブ配信もされます。
春はそこまできています。Spring is here!
山口県に春を呼びこむ風物詩「秋吉台の山焼き」、ぜひライブでお楽しみくださいませ。

■ライブ配信の日時
2022年2月23日(水)9時~(12時頃まで配信予定)
※中止の場合26日(土)以降順次順延予定です。
■ライブ配信の方法
YouTubeの美祢市観光協会公式チャンネルにて
https://www.youtube.com/channel/UC7mwOtpmUJE3u2oisQQAZtA

まもなく椿が満開!萩市の不思議スポット、世界最小火山「笠山」

山口県萩市には笠山という、直径30m・深さ30mの小噴火口を持つ、標高112mの火山があります。

世界最小の火山「笠山」は、見どころ満載の観光スポットです。
ふもとにある明神池は、池を囲う溶岩の隙間から海水が入り込み、海水魚たちが池の中を泳ぎ回っています。池の中をイシダイやボラが泳いでいるのですから、ちょっとおもしろい光景です。

明神池湖畔には「天然のクーラー」風穴があります。
笠山は多孔質の岩石で造形されており、そこから冷たい空気が流れ出ており、夏でも15℃くらいの冷気が漂っています。

笠山では、野生での絶滅の危険性が最も高い絶滅危惧ⅠΑ類に分類されるコウライタチバナが自生しており、国指定の天然記念物となっています。日本で自生しているのは、ここだけです。

そして、笠山北端の虎ヶ崎の椿群生林では、まもなくツバキの花が見ごろを迎えます。
約10haの敷地に約25,000本のヤブツバキが色鮮やかに咲き乱れ、例年2月~3月下旬に椿まつりが開催されます。樹々に咲きほこるツバキの花と、地面を覆う木から落ちたツバキの花で、視界が紅く染まっていきます。

椿の落花は首がボトッと落ちるように見えるので武士が嫌ったといわれていますが、むしろ潔いと好んで愛でる武士もいたとか。
維新の士がたくさん生まれた萩ですが、ツバキは萩市の花と制定されています。
笠山は一年中楽しめるスポットですが、ツバキが咲くのは寒いこの時期だけ。
この季節ならではの光景を楽しみに、あたたかくしてお出かけくださいませ。

萩市観光協会・椿まつり
https://www.hagishi.com/search/detail.php?d=900005