2月の花だより

まだまだ小雪がちらつきコートの襟を立てて歩くような寒い日もありますが、そろそろ春の花だよりが届きはじめました。
今月16日から3月21日までの間、萩市の笠山椿群生林では「萩・椿まつり」が開催されます。
日本海からの風は冷たく感じられますが、2万5千本のヤブツバキの花々が咲き誇る遊歩道を散策すると心がほっこりしてきます。
あわせてこの時期には山口県内各地で梅まつりが開催されます。
観梅スポットはたくさんありますが、山口市湯田温泉のビジネスホテル喜良久のある山口市内では、古熊神社や国宝の瑠璃光寺五重塔のある香山公園がおすすめです。
国宝を背景した梅の花にはなかなかの趣があり、インスタ映えスポットとしておすすめです。
ひと足はやく桜を楽しみたい方には、下松市笠戸島や熊毛郡上関町城山の河津桜はいかがでしょうか。
早咲きの河津桜は、2月中旬頃には可憐で可愛らしい桃色の花を咲かせてくれます。
また、この時期、水仙の花を楽しむなら山陽小野田市の縄地ヶ鼻公園と熊毛郡上関町の上盛山展望台が名所です。
特に上盛山展望台はアクセスの悪さと寒風で見物客が少ないのがむしろウリとなっており、1万を超える水仙の花々を独占して見学できます。
山口県の花だより、3月下旬から待ち遠しい桜の便りも届きます。
春はすぐそこですね。

萩・椿まつり
http://hagishi.com/search/detail.php?d=900047
古熊神社
https://www.furukumajinja.com/
上関町城山・上盛山展望台

景観

ハローキティ新幹線

早いもので1月もいつのまにやら後半となりました。
「一月往ぬる(行く)二月逃げる三月去る」と言われるように、この3ヶ月は行事が多いこともあり、日々があっという間に過ぎ去ってしまいます。
こじつけのようですが、あっという間に走り去るといえば新幹線。
その新幹線ですが、現在山陽新幹線にハローキティ新幹線が運行されているのをご存知ですか?

山陽新幹線では昨年は5月までエヴァ新幹線が走っていましたが、その後をキティちゃんにバトンタッチ。
ピンクのかわいい車体のハローキティ新幹線が、博多から新大阪の間を各駅停車で一往復しています。
期間限定で、現在3月10日までの運行は確定していますが、その後の予定は未定となっています。
来年のオリンピック会期中までは、海外のお客様のおもてなしのためにも走り続けてほしいですね。

撮影したいという方には、駅撮りがおすすめです。
新山口駅は停車時間は短いですが、様々なアングルで撮影しやすいということで撮り鉄さんにも好評を博しています。
線路がゆるくカーブしていることも、撮影のしやすさの要因のひとつとなっているようです。

新幹線のあとはローカル線で湯田温泉まで足を運ばれるのはいかがでしょうか。
湯田温泉のビジネスホテル喜良久は、新山口駅から山口線で20分ほど。(バスも運行しています)
温泉大浴場で身も心もゆるゆるほぐしてリフレッシュ!
ビジネスホテル喜良久、今年も湯量豊富な癒やしの「美肌の湯」と美味しい朝食をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

本年もよろしくお願いいたします

皆様におかれましては、輝かしい初春をお迎えのこととお喜び申し上げます。

旧年中はビジネスホテル喜良久に格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も変わらずお引き立ての程何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年は十二支の亥年にあたりますが、「亥」という漢字はイノシシの骨格を描いた象形文字です。
硬い・根ざす・兆すなどの言葉を示しており、「安定した状態の中で始動への準備をする期間」を意味しているそうです。
言うなれば大きくジャンプするためにいったんしっかりと屈んだ状態のようなものでしょうか。
来年開催される東京オリンピックを思うと、ふさわしい年回りのような気がしますね。

また干支では「己亥(つちのとい)」の年にあたり、恵方は甲の方位、東北東になるようです。
調べたところ、本年は恵方の方位が良く、ご利益の期待できる年になりそうとのことです。
恵方にある神社仏閣へ「恵方参り」をすれば、願いをかなえてもらえるかもしれません。

本年は元号が変わるという、ひとつの節目を迎える年となります。
前進と飛躍への希望に満ちた素晴らしい1年となりそうですね。
皆様のご健康とご繁栄を湯田温泉のビジネスホテル「喜良久」スタッフ一同心からお祈り申し上げます。

今年もたくさんの笑顔をありがとうございました

今年も残すところあと僅かとなりました。
皆様には日頃より湯田温泉のビジネスホテル喜良久へ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

今年1年を振り返ってみますと、全国各地で天災などのつらい出来事がありました。

日本酒「獺祭」でお馴染みの旭酒造が浸水被害を受け、新酒が一時出荷停止となったことが全国ニュースとなりましたが、それらを含め山口県でも各地に大きな被害がありました。それでも頑張る山口県に、今年もたくさんの方々がおこしくださいました。

明治改元から150年を迎えたことで、1年を通して県内各地で「維新150年」と銘打ったイベントがたくさん開催され、ご来県の皆様にお楽しみいただきました。
第35回都市緑化やまぐちフェア「山口ゆめ花博」には、当初の目標来場者数50万人をはるかに超える130万人以上の方々が来場されました。
皆様には、緑豊かな山口県をご堪能いただけたのではないでしょうか。

当ビジネスホテル喜良久にもたくさんのお客様にお越しいただき、たくさんのご縁をいただきました。
お客様からいただく「ありがとう」は、大変嬉しくありがたいお言葉です。お客様の笑顔が私達の日々の励みとなります。

今年の笑顔を来年も拝見するために、また新しい笑顔との出会いのために、スタッフ一同これからも精進し努力し続けてまいります。
今年1年、本当にありがとうございました。来年もかわらぬお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

スタッフ一同ご来館を心よりお待ちしております。
良い年をお迎えくださいませ。

山口県は餅まき県

早いものでもう12月、今年も湯田温泉のビジネスホテル喜良久には、たくさんの方々にご来館いただきました。

皆様、山口県を十分にご堪能いただけましたでしょうか。
保守王国山口県とよくいわれますが、県別ランキングでは中学高校ともに男子テニス部員の数とスナック菓子やまんじゅうの消費量が、常に全国上位という結果が出ています。

実のところテニスやお菓子が好きと言われてもあまりピンとくるものがないのですが、山口県民のほとんどが「うん、そうそう!」と納得する気質があります。
山口県は餅まき県、山口県民は餅まきが大好きです。
今年開催された都市緑化やまぐちフェアでは、会期中の52日間、雨天を除く毎日1千個の餅がまかれました。

例年11月に山口市阿東徳佐で「餅ひろい世界選手権」が開催されます。
地元のテレビ局では週末イベント情報の中で餅まきの情報を紹介しています。
驚かれるかもしれませんが、山口県美祢市では、餅まきを実施する際の補助金制度があります。

山口県内では、今日もどこかで丸餅が空を舞っているのです。
山口県民が餅まきに挑む様はまさに戦い!いわゆる「ガチバトル」ですから、参加されるには覚悟が必要です。

保守的で冷静なふうを装いながらも「餅まき」にはつねにアツい山口県民が我を忘れて餅を拾う様はまさに圧巻。

餅まきに参加するのもいいけれど、傍らから見学されるだけでもかなり楽しめるかもしれません。

餅まき県、山口にどうぞおいでませ。

今年も12月の山口市はクリスマス市になります

湯田温泉の「ビジネスホテル喜良久」のある山口市は日本で最初にクリスマスのミサが行われた地です。
布教に訪れていたフランシスコ・サビエルのよって1552年の12月24日に降誕祭が行われました。
その史実によりスペインのナバラ州首相より、山口市が日本のクリスマス発祥の地であると認定されています。

日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・サビエルは、教科書など一般的には「ザビエル」と称されています。
しかし、山口市では「サビエル」と濁らずに呼ばれます。
なぜそうなったのかといういわれはよくわかっていませんが、山口の人は敬愛の念をもって「サビエル」と呼んでいます。

1952年(昭和27年)に建設された初代の聖堂は、1991年(平成3年)9月5日に焼失してしまいました。
しかし、1998年(平成10年)4月29日にイエズス会の関係者そして山口市民や全国の方々からの善意の募金によって、デザインを変えて再建されました。
山口市の人々はサビエル記念聖堂の穏やかな鐘の音とともに日々を送り、聖堂は山口市を代表する観光地ともなっています。

「12月、山口はクリスマス市になる」を合言葉に、山口市では様々なイベントが行われます。
サビエル記念聖堂でも12月1日(土)と2日(日)に「やまぐち光誕祭」として、サーチライトやレーザーを用いた光の演出が行われます。
亀山公園ふれあい広場では、12月1日(土)~31日(月)の間で焼失前のサビエル記念聖堂がイルミネーションで再現されますので、こちらもおすすめです。
日本のクリスマスは山口市から。歴史の香りがする山口のクリスマスをぜひお楽しみください。

日本のクリスマスは山口から実行委員会
https://www.xmas-city.jp/

お肌の味方「美肌の湯」

喉元過ぎれば熱さを忘れるといいますが、今年の夏は記録的な暑さだっただけになかなか忘れられるものではありません。
日焼けしてしまったお肌にも、酷暑の記憶がしっかりと焼き付いたままなのではないでしょうか。
朝晩の寒さが染みるこの時期になっても解決しない夏の名残の肌荒れ。
そんなお肌の悩みにおすすめするのは、やっぱり温泉です。

湯田温泉のビジネスホテル喜良久の温泉大浴場「美肌の湯」の泉質はアルカリ性が高く、お肌がつるつるすべすべになる効果
があります。
湯田温泉は豊かな湯量の天然温泉です。
無色透明の濁らないきれいで新鮮なお湯には温泉独特の癖がないのでゆっくりと長湯ができると喜ばれています。
肌あたりが優しく柔らかなので、お子様からご高齢の方々まで幅広く安心安全にお楽しみいただけます。

疲労回復効果もある温泉なので、肌荒れ解消ばかりでなく心身の疲れの回復にも効果的です。
また、寒い冬を迎える準備として冷え性にも効果があります。

たくさんの効果効能がある中で、自律神経を整えてくれることも嬉しい温泉効果のひとつです。
自律神経が整うことで、人間が本来持っている自然治癒力が高まります。
温泉の効能に加えて体の内部からの力でお肌も心もピッカピカ。
ビジネスホテル喜良久の温泉大浴場「美肌の湯」の癒やし効果をぜひご堪能くださいませ。

朝からおいしい!「健康朝食バイキング」

山口市湯田温泉ビジネスホテル喜良久を、何度も繰り返してご利用くださるお客様がたくさんおられます。
スタッフ一同本当に嬉しく、また大変ありがたく思っております。
お客様にリピートの理由をお尋ねすると、「朝食が美味しいから」というお声をよく頂戴いたします。
そのお声は、早朝から一品一品手作りで料理を提供させていただく調理スタッフの日々の励みとなっております。
心を込めて手をかけた料理をバイキング形式で提供する「健康朝食バイキング」には、山口県産の食材がふんだんに使われ、連泊のお客様にも飽きることなくお楽しみいただけるようにと、調理スタッフが日々工夫をこらしております。
ふっくらホクホクの卵焼き、癒やしの味手作り豆腐、新鮮サラダからボリュームのある肉料理まで、健康を考慮したバランスのよい充実したメニユーとなっております。
大切な1日のかなめとなる朝ごはん!愛情のこもったおふくろの味、ビジネスホテル喜良久自慢の「健康朝食バイキング」をぜひご賞味ください。

※月曜日の朝(月曜祝日の場合は、火曜日の朝)はお休みとなりま
※朝食のチケットは現地でもお求めいただけます
(税込:大人800円 小学生以上中学生未満400円 小学生未満無料)
※宿泊とセットでご予約で、さらにお得な価格になります

ゆめ花博のパワースポット

現在開催中の「山口ゆめ花博」!
会場の山口きらら博記念公園は予測を超えた来場者数で、連日大変賑わっています。
先日には秋篠宮ご夫妻も来場され、記念の植樹をされました。
花とみどりにあふれた会場内では、10月23日から「世界にここだけの花」ということで、貴重なパンジーとビオラが飾花され、同時に販売も始まります。

様々なイベントやワークショップのある中で、ビジネスホテル喜良久がおすすめするのは地元産の御影石でつくられた「足湯」です。
当ホテルのある山口市湯田温泉の源泉から毎日運ばれる温泉が、散策で疲れた来場者の足を癒やしています。
湯田温泉は白狐が見つけた温泉です。財運を呼び込むという白狐にあやかった湯田温泉のエネルギーあふれる「足湯」は、ゆめ花博のパワースポットとなっています。
この機会にぜひゆめ花博に、そして白狐パワーのあふれる湯田温泉へお越しくださいませ。

第35回全国都市緑化やまぐちフェア「山口ゆめ花博」
https://yumehana-yamaguchi.com/index.html

おいでませ、夢の未来公園「山口ゆめ花博」へ!

平成30年9月14日(金)から11月4日(日)までの間、山口県山口市阿知須町の山口きらら博記念公園で山口ゆめ花博が開催されます。

山口ゆめ花博は第35回となる「全国都市緑化フェア」の愛称ですが、
平成30年は明治150年を迎える節目の年でもあり、山口県が明治維新に重要な役割を果たしたことを振り返り、これまで各地で開催された都市緑化フェアとはひと味違う祭典となっています。
「山口から開花する、未来への種まき。 ~150年を振り返り、次の150年につなぐ~」の開催テーマのもと、明治維新の精神を受け継ぐ山口の地で、新たな夢の花が開花します。

ダイナミックな遊具やパフォーマンスステージなど、各種ゾーンで子供も大人も楽しめるような各種の企画に加え、
湯田温泉の別湯として、「ビジネスホテル喜良久」自慢の温泉大浴場「美肌の湯」と同じ泉質で、一度に80人の方が入浴できる大規模な足湯も設置されています。
「入場券引換券」は全国各地のコンビニエンスストアで購入することができます。県内では随所で「入場券」の販売を行っております。
また、期間中は新山口駅から直通のシャトルバスも運行されています。
山口県では山口きらら博以来17年ぶりの大規模な博覧会となる、第35回全国都市緑化やまぐちフェア「山口ゆめ花博」、咲き誇る山口の花々をぜひお楽しみくださいませ。

山口ゆめ花博
https://yumehana-yamaguchi.com/index.html