大雨によるご被害、衷心よりお見舞い申し上げます

この度の記録的豪雨により、全国各地、特に西日本で大きな災害が起こるという事態になりました。
被害にあわれた皆さまには、心からお見舞いを申し上げます。

山口県内でも土砂災害により甚大な被害を蒙りました。
圧倒的な自然の力の前では、人間は無力であることを痛感します。
しかし、近年はインターネットの発達により、様々な状況において必要な情報を手にすることができるようになりました。
自然の脅威に対しては為す術もない我々ですが、少しでも被害の程度を抑えるためにしっかりと情報を活用することが必要です。

テレビやラジオのニュースだけでなく、自ら積極的に情報を得ることは重要です。
お住まいの自治体からの防災情報配信サービス、気象庁が配信する緊急地震速報や国・地方公共団体が発する災害・避難情
報などが、お持ちの携帯電話に配信されるサービスもあります。
日本気象協会の気象情報や、国土交通省の防災情報提供センターの情報は、「今」の状況を知るのに役立ちます。

「警視庁警備部災害対策課」のツイッターでは、災害情報とともに「もしも」の時に役立つ情報を得ることができます。
お役立ち情報満載で、災害時だけでなく日常でもちょっとした知恵袋として役に立つのではないでしょうか。
一例をご紹介しますと、
『【日用品活用術】災害のとき、45L以上のゴミ袋なら、逆さまにして上と左右に穴をあければ、あっという間に防寒着に。雨衣としても使えます。(ちなみに、体がおおきな課員でも、45Lのゴミ袋でなんとか入りました。)』
『間もなく賞味期限を迎える備蓄用のミニクラッカーがあったら、一手間。ピザソースを塗り、チーズをトッピングしてトースターでチン!ミニミニピザのできあがり!3時のおやつ、夜のおつまみにいかがですか。』
などという情報もあります。
「ペットのための防災情報」など、災害が起こらないうちに考えておいたほうが良い情報もあります。
いざというときに慌てず行動するために、防災備蓄品とともに知識も蓄えておきましょう。

日本気象協会
 https://tenki.jp/
国土交通省・防災情報提供センター
 http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/
警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai) | Twitter
 https://twitter.com/MPD_bousai